ブログ
Blog

クリニックスタッフが定期的にブログを書いています。


患者さんにとって少しでも安心して受診できるように、クリニックの雰囲気などお伝えしていきます。

パニック障害の栄養療法

パニック障害の栄養療法

院長の白岩です。

年末になり冷え込みが厳しくなってきましたが、みなさまお元気でしょうか。北日本は大雪のようで、大変な思いをされている方も多いと思います。お見舞い申し上げます。

今日はクリスマスイブですが、コロナの流行も収まる気配がなく、なかなか外で食べようというのも積極的にはしにくい状況ですし、家でゆっくりされている方も多いかもしれませんね。

さて、今日は前回の「うつ」に続いて「パニック」での栄養療法についてご紹介したいと思います。

パニックはよくある例をあげると、電車やバスやエレベーターのような閉鎖空間に入ると呼吸がしにくくなったり、圧迫感や動悸、めまい、手足の震えや気が遠くなるような感覚に陥り、その恐怖感から同じような状況に遭遇するとまた同様の発作が出るのではないかと予期不安が起こってきて活動範囲が狭められるような状態です。

症状の大小はありますが、統計的には100人に1~2人くらいが生涯の間に経験することがあるとされていますので、決して珍しいものではありません。

私の経験では女性の方が多いように感じますが、その理由は定かではありません。しかし、オーソモレキュラー的に考えるのであれば、鉄不足やタンパク不足がパニックの素因の一つとして考えられるかもしれません。

パニック障害の際に注目する栄養学的なポイント

さて、パニック障害を栄養療法的なアプローチで考える場合、ポイントになるものは先ほどの鉄やタンパク質ももちろんですが、もう一つ大きな要因になる可能性があるのが血糖の問題です。

血糖変動がパニックと関係??

血糖の問題というと普通は糖尿病を考えるかもしれませんが、そうではなく、ここで問題になるのは血糖調節障害や機能性低血糖症です。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、わかりやすくいうと、血糖値の上がり下がりが激しい状態のことです。

血糖値の上昇が緩やかな人はインスリン(血糖を低下させる作用のあるホルモン)の出方も緩やかなことが多いですが、急激に血糖が上昇するタイプの人はインスリンもびっくりして大量に出ることがあるので、その分、血糖の下がり方も急激になります。すると、今度はまるで低血糖を起こしたような状況になるのです。そうすると、体は低血糖状態は生命の危機と感じてしまいますので、アドレナリンやステロイドのようなストレスホルモンをたくさん出し、交感神経を強めて危機を脱しようとします。その際、動悸や発汗などの自律神経の乱れが生じやすくなります。これがパニック発作のように感じやすくなる一つの要因です。

普段からよく甘いものを食べる方、空腹感を強く感じやすい方、食事の後に眠くなりやすい方、太りやすい方、眠りが浅いと感じている方・・・

血糖が乱れやすいこのような様々な特徴を感じている方は注意が必要かもしれません。

食べ方一つを変えるだけでパニックを予防できれば、薬を使わずに済む可能性もありますので、血糖変動が気になる方は一度検査を受けてみるのもいいかもしれません。

ラエティスクリニック本町〒541-0053 大阪市中央区本町3-1-2 大原ビル4F

心療内科・精神科 TEL:06-4705-7388
FAX:06-4705-7389

診療時間
  • 10:30~14:00
  • 16:00~19:30
  • ※1
  • ◯※2
  • ※1:月曜日の午前中は訪問診療を行っております。
  • ※2:土曜日の午前は10:00~13:30の診療となります。

婦人科 TEL:06-4705-7377
FAX:06-4705-7389

診療時間
  • 10:30~14:00
  • 16:00~17:30

予約なしでも、受診できます。待ち時間を少なくするため、
まずはお電話でのご連絡をおすすめします。

大きい地図でみる
Pagetop